2017年10月16日月曜日

10月12日支部ニュース

GO!VOTE  選挙に行こう
 
 安倍首相は、森友・加計学園疑惑を隠す自己保身のため、憲法を無視して国会を解散しました。これにより1010日公示、22日投開票で総選挙が行われています。
憲法を守らない安倍首相や同調する勢力に9条改憲を許すのか、それとも恒久平和を掲げる憲法を守り抜くのかが問われる歴史的な選挙です。必ず選挙に行って、私たちの声が届く政治に変えましょう。あなたの1票が政治を変えます。



選挙に行っても何も変わらないという人がいます。それは今の政治には不満があるけど、変わらないとあきらめているから?

実際、有権者の半分近くが投票に行っていません。行かない人の半分が選挙に行けば、政治は変わります。

 

誰に投票すればいいか分からない・・・という人も多いようです。
選挙公報には候補者の政策と経歴が載っています。TV・新聞・SNS等の情報も役立ちます。演説会もあります。いつもの友人と、たまには政治の話をしてみませんか?自分の要求に合った政策をあげている候補者、言行一致で信頼できる候補者を選びましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 



10月12日支部ニュース


妹は高校の養護教諭。「看護師になりたい生徒がいるが」・・・

  看護師の職務の本質は何か?何を目指す仕事なの?

  求められているものは?

  あるべき姿は?

と質問された。

ムムム一言では難しい。皆さんはどう答えますか?

 

久しぶりに看護・看護師について考えた。学生時代に感じたこと、40年経っても変わらない事など・・・一人でも多くの人に看護師になってほしいし、長く続けてほしい。

10月12日支部ニュース


都立小児総合医療センターで

残業代未払い1億2千万円


休日・夜間 待機時間も含め時間外労働

報道によると、東京都立小児総合医療センターでは労基署の是正勧告をうけ、約80人の医師を含む職員約130人に未払い残業代約12千万円を支払いました。(20143月から2年間の残業代)

 

2017年9月25日月曜日

9月20日支部ニュース

9月14日 東京地裁判決  非正規社員 全員勝訴

格差是正へ大きな前進


日本郵便の期間雇用社員3人(郵政ユニオン組合員)が、正社員と手当や休暇で格差がある
 
のは労働契約法違反だと訴えていた訴訟の判決が14日にありました。

判決では、正社員にはある年末年始手当、住居手当、夏期・冬期休暇、病気休暇が全く
 
支給されないことは労働契約法20条に違反し、各手当の不支給には不法行為が成立する
 
として、会社側に計926800円の支払いを命じました。


原告は10の手当・休暇について是正を求めましたが、夏期・年末手当などは「人事上の
 
施策」などを理由に認めませんでした。しかし同様の裁判ではこれまで、全面敗訴や一
 
部勝訴が続いていました。今回の判決は画期的な内容です。新聞・テレビ等でも大きく
 
報道されました。
 

9月20日支部ニュース

第7回定期支部大会

郵政ユニオン東京逓信病院支部は9月10日に定期大会を開催しました。

職場の問題を話し合い。要求を実現する運動を進めていきます。

職場の声や要求あれこれ
 
  ◎ 腰痛の人、多いよね。ベルト巻いて仕事しているし、腰痛対策ってどうなっているのかしら

  ◎ 病棟から外来への兼担はやめてほしい。病棟だって人手がほしいのに。なれない外来で働       くのはつらい

  ◎ 耐震工事をするときに使えなくなる病室や処置室がある。どうやって運用するのか早く教えてほしい。
 
  ◎ 看護師・看護助手のユニホームは種類も枚数も洗濯回数も充実したけど、ほかの職種はどうなの?たまに白衣が汚れている人見かけるんだけど・・・

  ◎ 希望する看護助手を正社員に!

  ◎ 緩和ケアの深夜勤は3人になったけど、看護師2人+看護助手1人の日が三分の二くらいある。他の病棟は看護師3人なのに・・・







2017年9月5日火曜日

8月31日支部ニュース

交渉報告
  「健康診断は基本的に勤務時間に受けるもの」と回答

深夜勤しかしていない人や夜勤明けでしか受診できなかった人がいます。「超勤扱いで
 
すよね」の念押しに「確認します」と返答。今後健診期間中にすべての職員が検診を受
 
けられる勤務にすることを申し入れました。

8月31日支部ニュース

支部交渉報告
 
支部が病院に出していた「育児休業法23条違反の是正を求める要求書」の回答がありました。

現在、病棟で育児部分休業を取りながら働いている看護師たちが、時間に帰れない問題です。

①病棟に看護師を増配置すること

業務量を考慮して必要な人員を配置している。

②時間に退勤できるよう具体的対策を立てること

従来から注意喚起を行なうなど対策を行なっているが、913日の師長会議で再度指導を行なう。

③業務に支障が出ているので可動式電子カルテ端末を増配置すること


 
  業務量を考慮し必要な台数を配備している

交渉して感じた事




 電子カルテは他部署からも増配置の要望が出ているらしい。次期更改するときには増配置要望する。
 母親ナースたちが時間で帰れるように師長さんたちの分担配慮などが必要なのでは・・・・